同僚は統合失調症で自分はうつ病|
それぞれのメンタルヘルス

メニュー

参考・出典

メンタルヘルス

最近仕事や職場などでメンタルヘルスについて耳にすることが増えたりはしてませんか?
実は厚生労働省によりストレスチェックなどの対策をとっており、メンタルヘルス講座を設けたりなど様々な取り組みをしています。
ここ数年でうつ病患者はウナギのぼりに数字が上がっており、人口に対する割合数も相当な人数となっています。
H27年12月からストレスチェック制度が施行されており、労働者のストレスなどの調査を行い、自分のストレスなどの状況を確認させうつ病などの発症を防ぐようにしているのです。
個人のメンタルヘルスを不調に対するリスクを減らすことと、検査の結果を集団的に解析することで職場の環境を抑止抵抗値う取り組みになります。
厚生労働省でこのような取り組みを行うほど日本での精神面での健康は著しい問題とされており早急な解決が求められているのです。
現在日本はうつ病患者も多いのですがそれと同じく統合失調症の人も多いのです。
薬100人に1人は統合失調症の症状が出てしまうほど頻度の高い疾患として考えられます。幻想や妄想などといった幻覚症状が出てしまう病気で、妄想などによって生じる周りとのずれなどから、社会や家庭生活など日常での生活において生活することができなくなってしまうのです。
一昔前までは精神分裂症と言われていましたが、現在では統合失調症へと名称を変更し統一して使用されています。
他の精神疾患と同様に、慢性の経過をたどりやすく、そしてそのまま幻覚症状や妄想がひどくなってしまうのです。
症状がひどくなる前に、今では新薬などのお蔭で初めて発症した患者の半分は完治、そして長期的に回復を期待することが出来るようになりました。
精神の病気は昔と比べ医学が進歩しており治療薬が増えて治療することが多くできるようになりました。
しかし、その分また精神の病気を患っている患者数も増加してしまっているのです。
もし自分が精神的な健康に対しておかしいかもしれないと感じたら、なるべく早く相談できる人に相談し早目の治療に取り組んでいきましょう。
治療薬の服用は依存症を引き起こすと考えられがちですが、減薬方法などを確認し用法用量を守ることで予防することが出来ます。
中でも安全性が高いと言われているジェイゾロフトと言う抗うつ剤があります。
うつ病だけでなくストレス障害、パニック障害などにも効果的とも言われています。
ジェイゾロフトと同様にSSRIに分類される抗うつ剤でレクサプロもあります。
従来の治療薬とは異なり、薬の副作用も軽減され依存性も低く今では多くの患者の助けになっている治療薬でもあります。

参考サイト:うつ病・統合失調症などメンタルヘルスの総合サイト【こころナビ】